FC2ブログ
先日、こちらの作品を観てきました。長瀬演じる社長が従業員の起こした死亡事故の原因追求に奔走して、大企業と戦うというお話しです。
テレビで実績を残した作家の作品という事で期待していたのですが、内容はイマイチでした。とてもリアリティを追求しており、役者陣も熱演と言ったところなのですが、いかんせん話が地味でエンターテイメント性が低く大逆転の根拠も弱くテレビ作品の様な爽快感は皆無でした。映画向きの作品ではないといった印象でした。
ただ個人的にはとても共感しました。零細企業の経営者として業務上の事故を起こした時の、原因の追求、被害者への対応、従業員、家族への対応、悪化する資金繰りへの不安、どれも「もし自分ならどうしよう…」とドキドキしながら観ていました。
今日も一日、無事に終われる事に感謝しております( ´∀`)
スポンサーサイト
2018.07.03 Tue l 未分類 l コメント (0) l top