FC2ブログ
先日、歯科関連で痛ましいニュースがありましたのでお伝えします。
去年7月、福岡県内の小児歯科医院で虫歯を治療した2歳の女の子が低酸素脳症に陥り、2日後に死亡していたことが関係者への取材でわかりました。
死亡したのは当時2歳だった山口叶愛ちゃんです。叶愛ちゃんは去年7月、福岡県内の小児歯科医院で局所麻酔を使用した虫歯の治療を受けた後、唇が紫色になり、目の焦点が合わない状態になりました。
関係者によりますと、異変を訴える両親に対し、男性院長は「よくあることだ」と説明して、何の医療措置もとらず、およそ45分後に両親が自力で叶愛ちゃんを近くの病院に運んだということです。叶愛ちゃんはその後、大学病院に救急搬送されましたが、低酸素脳症に陥り、2日後に亡くなりました。
大学病院から通報を受けた警察は、業務上過失致死の疑いがあるとみて捜査しています。小児歯科医院の院長は「必要な措置はとったと考えている」とコメントしています。(15日18:55)
まずは、愛息を亡くされた御家族に心からお悔やみ申し上げます。
この報道は同じ医療従事者として、自身の医療行為の危険性を改めて考えさせられました。
幸い今までの診療において、報道の様な2歳のお子さんに麻酔をして虫歯治療を行うという判断をする事なく仕事をしてきたのですが、現実問題として、4歳あたりで麻酔を要する虫歯治療に遭遇する事は日常的な事です。改めて対象年齢や投与量に関して経験則で判断している事が多く曖昧な基準である事に恐怖を覚えました。
安全で事故の無い医療を提供できる様に精進して参ります。
スポンサーサイト
2018.01.18 Thu l 未分類 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿