FC2ブログ
10000時間の法則はご存知ですか?

何かをマスターするのにかかる目安となる時間です。外国人が考えたようですが、同義としては「ローマは1日にしてならず」日本語なら「石の上にも三年」が同義ですよね。この言葉の良いところは他の諺と比べてリアリティのある単位で語られてるという事ではないでしょうか。面白い事に1日8時間の労働として10000時間を割ると、1250日(3.42年)という値になりかなり近い時間が出てきます。3年位かかるというのは世界共通の感覚なんですね。
ここ数年勉強し続けている事があるのですが、未だにさっぱり結果が出せてません。辞めたくなる事も多いですが、まだ1000時間も勉強してないと考えると冷静に結果を受けれる自分がいます。
努力をしていると「どうすれば早く結果が出るだろう」「もっと効率いい方法はないか」と考えがちになり、うまくいかないと投げ出したりしがちだったのですが、最近は目先の結果や勉強の質にこだわるより、とにかく辞めずに続ける事が大事で、回り道もあるかもしれないけど、それらはいずれは肥やしになるという思考に無理矢理変えています。そう考えないと前に進めないというだけなのですが…
スポンサーサイト
2018.09.11 Tue l 未分類 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿